従業員満足度調査ツール(組織診断サーベイ)は、従業員のリアルな声や評価を収集して組織改善や定着率の向上に役立てられるツールです。多様な機能を備えたタイプが提供されているため、選定する際は自社にマッチするサービスを見極めることが重要です。ここでは、従業員満足度調査ツールを選ぶ際の比較ポイントと導入時の注意点を解説します。

また、導入実績の多い代表的な従業員満足度調査ツールをご紹介します。自社の課題や目的に照らし、適切なサービスを見つけてください。

従業員満足度調査ツールの比較方法・選び方

従業員満足度調査ツールを比較選定する際のポイント

従業員満足度調査ツールを比較選定する際のポイント

 

従業員満足度調査ツールを選ぶ際の比較ポイントは、次の5つです。

 

  • ツールのタイプは自社に合っているか
  • 特色が自社のニーズにマッチしているか
  • 効率的にアンケートを実施できるか
  • サポートサービスは充実しているか
  • 料金体系は自社に合っているか

 

■ツールのタイプは自社に合っているか

従業員満足度(ES)を測定できるツールは、従業員満足度調査ツールのほか、サーベイ機能を備えた人事系システムやアンケートツールがあります。それぞれに特徴や利点が異なるため、自社の導入目的に応じて選ぶ必要があります。

 

人事・労務管理システムやタレントマネジメントシステムなどの人事系システムは、人事関連業務の一環として組織サーベイ(組織診断 サーベイ)を行う機能を備えたものが提供されています。アンケートツールの場合は、従業員満足度にくわえ、CS(顧客満足度)に関する調査も行えるなど、多様なアンケートを作成できるという特徴があります。

 

従業員満足度調査専用のツールは、従業員満足度(ES)を組織改善に活かすための機能に特化しているのが特徴です。たとえば、組織診断や分析・レポート機能が充実しているといった独自の強みがあります。定期的に従業員満足度を計測して組織力向上に役立てたいという場合は、専用ツールを選択することをおすすめします。

 

なお、本記事での解説は従業員満足度調査に特化したツールに的を絞って進めます。

 

■特色が自社のニーズにマッチしているか

従業員満足度調査ツールは多様なタイプが提供されているため、まずはツールごとの特色をチェックしましょう。次のような特色・特徴を比較して、自社のニーズにマッチするサービスを検討してください。

 

  • 離職理由の調査に力を入れている
  • 同業他社とのデータ比較ができる
  • ベンダーによる従業員インタビューを行っている
  • 特定業種に特化している

 

上記のような特色のほか、どういったコンセプトでサービスを提供しているのか、ES調査の設問はどのように設計しているのかといった点もチェックしておきましょう。自社の経営方針や考え方とマッチするかという観点から比較することで、導入の失敗を避けることができます。

 

■効率的にアンケートを実施できるか

従業員満足度調査ツールの利点の1つに、アンケート実施および結果分析の手軽さがあげられます。ただし、このメリットを享受するには自社に必要な機能を搭載しているツールを選定しなければなりません。機能面の主な比較ポイントには、次の5点があげられます。

 

  • アンケートを定期的に自動配信できるか
  • 業務で利用しているツール(メール・チャットなど)で各種通知を送信できるか
  • ダッシュボードは見やすく設計されているか
  • アンケートの回答状況や集計結果をリアルタイムでチェックできるか
  • アンケート結果の自動分析やクロス分析は可能か

 

上記のほか、外部システムとの連携機能や管理者向けの機能、セキュリティ機能なども比較しておきましょう。また、分析データのエクスポート機能や多言語表示機能なども必要に応じてチェックしてください。

 

■サポートサービスは充実しているか

従業員満足度調査ツールを有効活用するには、ベンダーによるサポートが欠かせません。サービス選定ではオプションやサポートサービスの充実度を比較し、自社で活用しやすいツールを選定しましょう。従業員満足度調査ツールのオプション・サポートには、次のようなものがあげられます。

 

  • サポートスタッフによるツール活用支援
  • 手動での結果分析・詳細レポート作成
  • 専門家によるコンサルティング・アクションプラン提案
  • 管理職向けのセミナー・ワークショップ

 

上記のほか、産業医の紹介や動画教材の提供といった独自のサービスを提供しているベンダーもあります。自社にはどのようなサポートが必要かを検討した上で、適切なサービスを選定しましょう。

 

■料金体系は自社に合っているか

従業員満足度調査ツールの料金体系は、利用者1人あたりの料金が設定されている従量制と、一定人数まで同額で使える定額制の2種類が多くなっています。また、定額制のサービスの中にも、利用者数上限の異なるプランを複数用意しているタイプ、一定人数以上の利用に追加料金を要するタイプが見られます。

 

上記のような料金体系の違いは、ツールの利用コストを左右する重要な要素です。サービス選定時に大まかな費用を試算して、料金が割高にならないか確認しておきましょう。

 

なお、従業員満足度調査ツールの料金相場は、利用者1人あたり300〜800円程度です。料金比較を行う際は、基本料金に含まれるサービス内容のほか、オプション料金、初期費用の有無などもチェックしてください。

課題・ニーズ別に見た従業員満足度調査ツールの向き・不向きの傾向

自社が抱える課題や要望によって、利用に向く従業員満足度調査ツールのタイプが変わります。次の表を参考にして、どのようなタイプのツールが自社に適するか検討してください。

 

課題・ニーズ

向き・不向きの傾向

時期により従業員数が変動する / 従業員数が数名〜数十名と少ない / 一部の部署やチームで利用したい

・利用者1名あたりの料金が設定されている従量課金制ツールは時期に応じて費用を調整しやすく、少人数で利用したい場合も無駄が少ない

・人数単位に余裕があり、割高感のないツールを検討する

スモールスタートしたい / 試しに使ってみたい

・初期費用無料、最低利用期間がない、無料期間があるなどの特徴を備えたツールを試用し、自社に合っている場合は本格導入するとよい

人事担当者が少ない / サーベイ担当チームを組める人的リソースがない

・導入支援や運用支援などのサポートサービスが充実しているツール

テレワーク中のサーベイに適するツールを探している

・従業員が自身の分析結果を閲覧できるツールは、出社せずに分析結果をセルフチェックできる

・閲覧権限の設定自由度が高いツールはテレワークの管理者が部下の分析結果を閲覧しやすい

・レスポンシブデザインに対応するツールはテレワークやリモートワークでスマホやタブレットを使っている場合にも回答しやすい

従業員満足度調査ツールの導入時に注意すべき点

従業員満足度調査ツールの導入時に注意すべき点

 

従業員満足度調査ツールは組織改善に役立つ反面、使い方によっては従業員にストレスを与えてしまう可能性がある点に注意が必要です。ツールの導入および運用は、次のポイントを意識して進めるようにしましょう。

 

  • 調査目的や活用方法を従業員に周知し理解を得ておく
  • 業務に支障が出ないようにサーベイの実施頻度や設問数を調整する
  • 従業員へのフィードバックを怠らない

 

調査目的や活用方法を明示せずにサーベイを実施すると、人事評価への影響を懸念されるなど、従業員から本音を引き出せない可能性が生じます。また、サーベイの実施頻度が高すぎると、従業員が負担に感じてしまうため要注意です。

 

サーベイ実施後のフィードバックを怠った場合は、「何のために回答したのかわからない」「形だけの調査なのでは?」といった懸念を従業員に持たれる可能性があります。組織サーベイの実施により従業員満足度が下がっては本末転倒です。従業員満足度調査ツールを利用する際は、従業員の心理と負荷に気を配り、次のアクションプランにつなげることを心がけましょう。

従業員満足度調査ツール活用に動き出そう

従業員満足度調査ツールの導入を成功させるには、まず特徴や機能などを比較して自社のニーズに合うツールを選定することが肝要です。ツール導入やサーベイ実施に際しては、従業員からの協力を得られるように配慮しましょう。以上を踏まえて、具体的なサービス選定へ進んでください。

従業員満足度調査ツール 12選

1.HR-Platform 360度評価

サービス名

HR-Platform 360度評価

キャッチフレーズ

360 度評価の運用と活用をまるごとサポート

サービス概要

システムだけでなく、運用から研修まで全てをご提供。人手不足でも初めてでも、安心してお任せいただけます。

■ 企画から研修までトータルにサポート
■ 評価者選定からフィードバックまでクラウドですべて完結
■ 運用実績20年。全行程を経験豊かな専門スタッフにお任せ

単なるシステム提供に留まらず、貴社の組織課題に基いた制度設計、活用研修といったコンサルティング支援が特徴です。
また、オペレーションの代行によっ貴社人事部の運用工数を削減します。

どんなことでも、まずはお気軽にお問い合わせください!

向いてる形態

BtoB

導入社数

約 300 社

(2003年12月01日時点)

運営企業

フォスターリンク株式会社

サービス詳細

HR-Platform 360度評価の詳細を見る

 

2.Geppo

サービス名

Geppo

キャッチフレーズ

個人と組織の課題を 見える化する

サービス概要

「個人サーベイ」と「組織サーベイ」を低コストで。
従業員のコンディションや組織エンゲージメントを効果的に把握できます。

【特徴】
・Geppoは人事における「個人の課題」と「組織の課題」を見える化し、働き方改善を個人・組織の両方からささえるHRサーベイです
・Geppoはテレワークにおける従業員のストレスマネジメントにも最適です
・25人〜数千名規模の企業まで、業界業種問わず、幅広く導入・活用いただいています​
(参照元:株式会社ヒューマンキャピタルテクノロジーHP)

向いてる形態

BtoB/BtoC

機能一覧

・個人サーベイ
・豊富なダッシュボード機能
・組織サーベイ
・わかりやすいレポートフォーマット

価格

・〜25人  20,000円 / 月額
・〜50人  39,800円 / 月額
・〜100人  68,000円 / 月額
・〜200人  108,000円 / 月額
・〜300人  148,000円 / 月額
・〜500人  198,000円 / 月額

運営企業

株式会社ヒューマンキャピタルテクノロジー

サービス詳細

Geppoの詳細を見る

 

3.組織感情診断

サービス名

組織感情診断

キャッチフレーズ

職場毎の組織感情状態の見える化

サービス概要

組織感情診断は、職場を対象にした組織診断ツールです。業績が上がっていても、メンバーが負の感情のサイクルに入っていたら、成果は持続しません。組織の感情状態を適正化するための仕組みが必要です。

【特徴】
・明確なアクション作りに繋がります
・リスク度の高い職場を明らかにします
・低価格な仕組みで継続的モニタリングが可能です
(参照元:株式会社ジェイフィールHP)

向いてる形態

BtoB/BtoC

価格

・職場レポート  50,000円 / 職場毎
・分析報告書  100,000円 / 10職場まで

運営企業

株式会社ジェイフィール

サービス詳細

組織感情診断の詳細を見る

 

4.ラフールサーベイ

サービス名

ラフールサーベイ

キャッチフレーズ

組織を良くするのならまずは従業員の心身の健康把握を

サービス概要

ラフールサーベイでできること
従業員の心身の健康状態やエンゲージメントを把握し、
組織全体を可視化するのに最適なツールです。

【特徴】
・18万人以上のメンタルヘルスデータを活用
・直感的に課題がわかる分析結果
・分析結果から自動対策リコメンド
(参照元:株式会社ラフールHP)

向いてる形態

BtoB/BtoC

導入社数

約 550 社

(2021年02月21日時点)

機能一覧

・ショートサーベイ
・ディープサーベイ
・サマリー
・多様な分析
・回答者自身の結果確認
・アドバイスコメント表示
・個人向けソリューションの表示
・ストレスチェック機能
・課題リコメンド
・リスク管理
・アカウント権限
・オリジナル設問
・分析結果CSVダウンロード
・システム連携
・専門家紹介

価格

・初期費用  100,000円 / 初期費用
・サービス料金  400円 / 月額(× 従業員登録者数)

運営企業

株式会社ラフール

サービス詳細

ラフールサーベイの詳細を見る

 

5.スマレビ for ES

サービス名

スマレビ for ES

キャッチフレーズ

組織を可視化する決定版

サービス概要

【特徴】
■調査項目
 └ 弊社のノウハウが詰まった調査項目ですぐに本格的な調査を開始できます。ハーズバーグの動機付け理論と200社を越える大手企業への従業員満足度調査の提供実績から構築された診断項目です。
■結果レポート
 └ わかりやすいシンプルなレポート形式です。社員の満足度のみならず、重視度も把握することができるのでで、課題の優先順位をつけることができます。
■属性別の集計
 └ 事業部や部門単位で組織診断することができるので、組織別の状況を可視化し、具体的な改善をはかることができます。
(参照元:株式会社シーベースHP)

向いてる形態

BtoB/BtoC

機能一覧

・必要な項目で自由に設定できるフォーム形式
・スマートフォンレスポンシブ(タブレット含む)
・アンケート回答日時設定機能
・多言語対応(英語・中国語・韓国語)
・条件分岐機能
・回答状況確認・集計機能(アンケート別)
・メール配信機能
・回答者情報管理機能
・回答データ出力機能
・管理者権限設定機能
・結果レポート

価格

・基本料金  180,000円 / 回答者100人まで含む
・回答者人数追加  40,000円 / 100人

運営企業

株式会社シーベース

サービス詳細

スマレビ for ESの詳細を見る

 

6.wevox

サービス名

wevox

キャッチフレーズ

すべてはエンゲージメントと向き合うために。

サービス概要

wevoxは、ワークエンゲージメント・従業員エンゲージメントの可視化から
データとAIで改善サイクルを生み出すエンゲージメントサーベイです。
サーベイのやりっぱなしを防ぐ支援も行っています。

【特徴】
・現場のエンゲージメントを可視化
・定量データで定期的なふりかえり
・エンゲージメントの低下を察知
(参照元:株式会社アトラエHP)

向いてる形態

BtoB/BtoC

機能一覧

・かんたん配信
・かんたん回答
・リアルタイム集計・分析
・パルスサーベイで 変化を把握
・AIによるデータ解析と 向上ポイントをレコメンド
・結果データで 職場の共通認識を醸成
・事業戦略の浸透、人事制度や研修の効果測定が可能
・様々な切り口で 他社との比較が可能
・未来予測AIを活用したケアが必要な従業員の抽出
・動画や資料など、組織に役立つ様々なコンテンツ
・"サーベイのやりっぱなし"を防ぐ「活用支援パック」
・理論と実践を学ぶ交流型オンラインスクール

価格

・Basic Plan  300円 / 月額(ユーザー)
・Professional Plan  価格はお問合せください

運営企業

株式会社アトラエ

サービス詳細

wevoxの詳細を見る

 

7.HR Ring(HRリング)

サービス名

HR Ring(HRリング)

キャッチフレーズ

社員の不調と離職の兆しをキャッチする。

サービス概要

「HR Ring」は 3000社の人材コンサルティング経験のもと、
大切な社員の離職防止のために開発されました。

私たちは現代の転職旺盛時代において、企業の成長を後押しするのは離職防止施策であると考えます。

社員の離職防止を実現するためのコミュニケーションアプリ。それがHR Ringです。

日々の心と体のコンディションを相互理解することで、
問題の芽を早期に発見する。
ポジティブなコミュニケーションを誘発させることで、
「辞めない理由」を醸成する。

離職防止を科学したアプリです。
(参照元:株式会社カケハシスカイソリューションズHP)

向いてる形態

BtoB/BtoC

機能一覧

・パルス
・アンケート
・ポジティブポイント
・トーク機能
・機能カスタマイズ
・デバイスも幅広く対応
・導入ワークショップ
・閲覧権限機能
・CSV出力可能

価格

・ライセンス価格  960,000円 / ライセンス

運営企業

株式会社カケハシスカイソリューションズ

サービス詳細

HR Ring(HRリング)の詳細を見る

 

8.組織サーベイ・従業員意識調査(VOISE)

サービス名

組織サーベイ・従業員意識調査(VOISE)

キャッチフレーズ

組織サーベイ・従業員満足度調査

サービス概要

【特徴】
スピード:「VOISE」は「経営スタイル」「従業員満足度」「組織風土」の3つの観点に基づく、120項目の質問で構成されており、WEB上で実施することにより、企業の事務作業上の負担も少なく、全組織・全従業員に対しスピーディーに実施できます。

オリジナリティ:質問内容も、標準質問の他に診断したい観点や項目の追加、従業員が理解しやすい企業独自の言葉など自由にカスタマイズ可能で、御社オリジナルの組織診断・サーベイが簡単に実施できます。また、カスタマイズ料金は無料です。
(参照元:株式会社ベクトルHP)

向いてる形態

BtoB/BtoC

機能一覧

・多面的な分析の切り口
・質問文のカスタマイズ
・選べる実施方法
・組織別のフィードバック

価格

・価格はお問合せください

運営企業

株式会社ベクトル

サービス詳細

組織サーベイ・従業員意識調査(VOISE)の詳細を見る

 

9.モチベーションクラウド

サービス名

モチベーションクラウド

キャッチフレーズ

組織の課題が一目瞭然

サービス概要

モチベーションクラウドは、
6,620社、157万人のデータベースをもとに
組織状態を診断し、組織改善に活用できる、
国内初の組織改善クラウドです。

【特徴】
・モチベーションクラウドなら組織の課題が一目瞭然
・モチベーションクラウドなら診断だけではなく活用できる
(参照元:株式会社リンクアンドモチベーションHP)

向いてる形態

BtoB/BtoC

導入社数

約 6620 社

(2021年02月21日時点)

機能一覧

・アンケートを実施 回答に必要なのはたったの20分
・組織状態を数値化し、 あらゆる角度から分析。
・実効性の高い改善項目の設定。
・改善が必要な部署の特定。
・具体的なアクションプランを 立案・実行。
・経営陣は改善状況を、常に把握。
・現場の社員でも すぐに使えるユーザビリティ。

価格

・価格はお問合せください

運営企業

株式会社リンクアンドモチベーション

サービス詳細

モチベーションクラウドの詳細を見る

 

10.リアルワン

サービス名

リアルワン

キャッチフレーズ

成長する組織の健康診断

サービス概要

科学的根拠に基づく信頼性の高い調査を行い、
個人や組織の成長につながる結果の活用方法まで
リアルワンが細かくサポートします。

【特徴】
■従業員満足度調査
 └ 従業員の仕事や企業に対する満足感を調査し、組織課題を明らかにします。
■エンゲージメント
 └ 従業員と企業、個人と仕事の結びつきを分析、組織と個人が共に成長できる関係をめざします。
■360度評価
 └ 対象となる本人+周りの仲間の多様な視点で評価し、モチベーションアップや成長につなげます。
(参照元:リアルワン株式会社HP)

向いてる形態

BtoB/BtoC

機能一覧

・リアルワンの従業員満足度調査(ES調査)
・エンゲージメント調査
・360度評価

価格

・価格はお問合せください

運営企業

リアルワン株式会社

サービス詳細

リアルワンの詳細を見る

 

11.MSQ組織分析

サービス名

MSQ組織分析

キャッチフレーズ

やる気分析システム

サービス概要

【特徴】
分析ポイント1
・個人・組織のモチベーション・チャージ
=「やる気」指数を100点満点で析出します。

分析ポイント2
・個人・組織のモチベーションを促進する要因、阻害する要因を明らかにします。
・関心度・満足度の2方向の軸を設定し、モチベータの位置関係を分析することで、個人・組織全体
・部署別等の様々な切り口でそれぞれのモチベーション・スタイルを見ることができます。

分析ポイント3
・「業績に対する自己評価」、「業績を上げる潜在性」を明らかにします。
(参照元:株式会社JTBコミュニケーションデザインHP)

向いてる形態

BtoB/BtoC

価格

・価格はお問合せください

運営企業

株式会社JTBコミュニケーションデザイン

サービス詳細

MSQ組織分析の詳細を見る

 

12.Motify HR

サービス名

Motify HR

キャッチフレーズ

従業員のエンゲージメントを最大限に引き出す

サービス概要

MotifyHR(モティファイ エイチアール)は、従業員同士のコミュニケーションや上司・部下、その両方へのフィードバックを自動化し、パフォーマンスの高い企業文化の創造を支援します。
■人事のこんな課題、ありませんか?
・退職を予測したい、離職率を下げたい
・マネージャー(幹部)の育成方法を知りたい・変えたい
・社内コミュニケーション活性化、社員のモチベーションアップ
(参照元:Motify HR 公式HP)

向いてる形態

BtoB/BtoC

機能一覧

・トーク
・従業員
・体調管理
・カンパニーボード
・ニュースフィード
・オンボーディング
・OKR
・1on1
・フィードバック
・エンゲージメントサーベイ

価格

・初期費用  300,000円 / から(社)
・スタンダードプラン  400円 / ID(月)
・エンゲージメントプラン  400円 / ID(月)
・オンボーディングプラン  400円 / ID(月)
・OKR・1on1プラン  400円 / ID(月)
・プレミアムプラン(フルパッケージ)  1,000円 / ID(月)

運営企業

株式会社アックスコンサルティング

サービス詳細

Motify HRの詳細を見る