自社で運用するモバイル端末を一元管理できる「MDM(Mobile Device Management)」。各端末の使用状況のモニタリング機能やアプリの使用制限機能などが搭載され、効率的でセキュアな端末管理を実現します。本記事では、MDMで実現できることや機能一覧、導入するメリット・効果を紹介します。

MDMの導入を検討している方は以下の記事も参考にしてください。
MDM 26選|比較・選定ポイントとおすすめ「統合管理システム」の特徴

MDMとは

MDMとは

 

MDM(Mobile Device Management)とは、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末を一元管理するツールのことです。

 

MDMでは各端末の使用状況の把握やシステム設定、利用可能なアプリの管理などを行うことができ、煩雑になりがちな端末管理を効率化できます。また、紛失・盗難時に遠隔操作でロックできるなど、様々なセキュリティ機能も搭載されています。

 

近年、業務効率化や働き方改革の一環でモバイル端末を従業員に配布・活用する企業が増えており、MDMのニーズが高まっています。

MDMで実現できること

MDMで実現できること

 

MDMを導入すると、以下の3つを実現できます。

モバイル端末の利用状況の把握

業務用のスマートフォンやタブレット端末は社外に持ち出されることが多いため、適切な運用・管理が求められます。MDMには各端末の基本情報(インベントリ情報)を収集し、ユーザーと紐づけて管理する機能や、端末ごとの位置情報・利用状況をモニタリングする機能が搭載されており、「誰が・どの端末を・どのように」使用しているかを把握できます。

 

  • デバイス情報管理・ユーザー管理
  • デバイスの使用状況のモニタリング

業務に不要なアプリケーションの使用制限

MDMには、各端末のアプリケーションを一括または個別に管理し、使用可能なアプリを制限する機能が備わっています。これにより、業務に不要なアプリのインストール・使用を防ぐことが可能です。

 

  • アプリケーションの利用制限

緊急時に遠隔操作で端末をロック・初期化

モバイル端末は社外に持ち出して利用することが多く、紛失・盗難などのセキュリティリスクがつきまといます。MDMでは、不測の事態が発生した際に遠隔操作で端末に強制的にロックをかけたり、端末の初期化・データ消去を自動実行することができます。

 

  • リモートロック:遠隔で端末をロック
  • リモートワイプ:遠隔で端末のデータを消去
  • ローカルワイプ:一定回数パスワード入力を間違った場合にデータを自動消去

MDMの導入で得られる効果・メリット

MDMの導入で得られる効果・メリット

 

MDMの導入により、次の3つの効果・メリットが期待できます。

情報漏えいや不正アクセスの防止

自社で運用しているモバイル端末にセキュリティ対策が講じられていない場合、紛失・盗難による機密情報の流出や不正アクセスなどのリスクが高まります。MDMでは遠隔操作でデバイス内のデータを保護・消去するなどのセキュリティ対策が備わっているため、情報漏えいや第三者による不正使用を防止できます。

端末管理の効率化

多くの従業員にモバイル端末を配布・運用している場合、管理が煩雑になりがちです。MDMであれば、端末情報やユーザー情報を一括管理できるうえ、各端末の運用状況もリアルタイムに可視化されるため、管理工数を削減できます。

従業員による不正利用の防止

MDMでは、管理者が許可したアプリケーションのみインストール・使用することができるため、従業員による私的なアプリ利用などを防止できます。また、不特定のアプリによるウイルス感染を防ぐ効果も期待できます。

MDMの機能一覧

MDMの機能一覧

 

MDMの主な機能を以下にまとめました。

 

機能

内容

デバイス情報管理・ユーザー管理         

各端末の基本情報や、誰に(どの部署に)・どの端末を配布したかを管理する

デバイスの使用状況のモニタリング

各端末の位置情報やアプリケーションのインストール状況などを収集して使用状況を把握する

リモートロック

紛失・盗難などが発生した際に、遠隔操作でロックをかける

リモートワイプ

紛失・盗難などが発生した際に、遠隔操作で端末のデータを初期化(ワイプ)する。

ローカルワイプ 

画面ロック解除のパスワードを一定回数間違えるとデータが自動消去される

通知機能

問題のある端末を管理者に通知する

 

どの機能が搭載されているかはツールによって異なります。選択の際は注意しましょう。

モバイル端末の管理を効率化するMDM

企業におけるモバイル端末の活用が進む昨今、各端末の効率的かつ適正な運用管理のニーズも高まっています。MDMを導入すれば、誰が・どのように端末を利用しているかがつぶさに可視化されるため、情報セキュリティリスクの低減や管理業務の効率化につながります。

 

MDMの導入を検討している方は以下の記事も参考にしてください。
MDM 26選|比較・選定ポイントとおすすめ「統合管理システム」の特徴