DXソリューションとは|サービス内容と活用のメリット・実施の流れ

DXソリューションとは|DXサービスへの委託メリット・実施の流れ

企業が抱えるビジネス課題を解決するためのDX施策を提案・実施する「DXソリューション」。DXに役立つ最適なソリューションを導入でき、業務プロセスの自動化・効率化を推進できます。本記事では、DXソリューションのサービス内容と活用するメリット、実施の流れを説明します。

DXソリューションの導入を検討している方は以下の記事も参考にしてください。

DXソリューション 2選|比較・選定ポイントとおすすめ「DXサービス」の特徴

DXソリューションとは

DXソリューションとは

 

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、データとデジタル技術を活用して競争力の高いワークフローやビジネスモデルを構築することです。

 

DXソリューションとは、DXを推進する企業に効果的なデジタルソリューションを提供するサービスです。具体的には、DXに必要なツールの導入支援やシステムの設計・開発などを請け負い、業務プロセスのデジタル化によるビジネスの自動化・効率化を後押しします。

 

デジタル技術の発展に伴って市場環境にも様々な変化が見られるなか、自社のDXを推進するパートナーとしてニーズが高まっています。

DXソリューションのサービス内容

DXソリューションのサービス内容

 

DXソリューションのサービス内容は、大きく3つに分けることができます。

 

  • 業務プロセスの分析・DX計画の策定
  • ツール・システムの導入・運用支援
  • 自社に合ったDXソリューションの構築・受託開発

 

具体的な提供内容は各社異なりますが、サービス例を以下に紹介します。

業務プロセスの分析・DX計画の策定

現状の業務プロセスを分析して課題を整理し、DXに効果的なソリューションを選定します。

 

  • ヒアリング調査・アンケート調査
  • 業務分析・課題抽出
  • DX化のロードマップ作成
  • DXソリューションの選定

 

DXソリューションは業種・業務によって多岐にわたますが、以下のようなツールやクラウドサービスが用いられることが多くなっています。

 

  • 業務自動化システム(RPAなど)
  • 営業支援・顧客管理ツール(SFA、CRMなど)
  • ビッグデータ蓄積ツール(BI、プライベートDMPなど)
  • セキュリティ管理ツール
  • モバイルオーダーシステム
  • 物流管理システム

DXソリューションの導入・運用支援

選定したツールの導入から保守・運用までワンストップでサポートします。特定のクラウドサービスのベンダーと提携しているところもあり、ツールの強みを生かした効率的な業務プロセスの構築・運用を支援します。

自社に合ったDXソリューションの構築・受託開発

DXソリューションのなかには、自社の課題に合ったDXシステムの開発や、各部署に散在しているデータを連携する仕組みをカスタマイズしてくれるところもあります。

 

  • ERP・基幹システムの開発
  • 業務アプリケーションの開発
  • マーケティングプラットフォームの開発
  • データ連携ソリューションの構築

DXソリューションを活用するメリット

DXソリューションを活用するメリット

 

DXソリューションを利用すると、次の3つのメリット・効果が期待できます。

シームレスな業務プロセスの構築

人手に頼ったアナログな業務プロセスでは、工程が多層的で複雑になることが多く、タスクの重複などの無駄も発生しがちです。DXソリューションでは、丁寧な業務分析によってプロセスの課題が可視化され、シームレスなワークフローを実現するソリューションを提案・実行してもらえます。

自動化によるリードタイムの短縮

DXソリューションを利用すれば、ボトルネックとなっていた工程を自動化・効率化するツールや仕組みを導入して業務プロセスを最適化できます。それにより、業務スピードが向上し、業務やサービス提供のリードタイムを短縮させることが可能です。

データを活用したビジネスの推進

デジタル化されていない業務プロセスでは業務状況や情報がブラックボックス化しやすく、データを有効活用しづらい傾向があります。DXソリューションを利用すれば、業務が可視化されるうえ、部署をまたいで様々なデータを共有・一元管理できるようになり、データ起点の判断がしやすくなります。

DXソリューションを利用する際の流れ

DXソリューションを利用する際の流れ

 

DXソリューションを利用する際の基本的な流れは、以下の通りです。

相談

DXを取り入れたい業務領域や課題について相談します。ホームページのメールフォームや電話で問い合わせをし、業務プロセスの現状や要望などを伝えましょう。多くの場合、後日改めて対面またはオンラインで詳細のヒアリングが行われます。

企画書・見積書の確認

相談内容を受け、DXソリューションの提供会社から企画書や見積書が提示されます。施策内容やスケジュール、料金に含まれるサービス内容を確認し、不明点がある場合はこの段階で確認しておきます。双方合意したら契約書を交わします。

ソリューションの提供

合意した企画内容に沿ってソリューションが提供されます。提供会社の担当者に任せきりにせず、随時コミュニケーションをとって進捗状況の確認や情報共有を行いましょう。

 

業務アプリやシステムを新たに開発する場合は、以下の流れで進行します。

 

  1. 要件定義
  2. 設計
  3. 開発・実装

効果検証・アフターフォロー

提供会社がソリューションの効果測定・分析を行い、結果を報告します。システム開発を伴う場合は、運用・保守などのアフターフォローも実施されます。追加施策が必要な場合は、改めて見積もりをとって検討しましょう。

DXソリューションを活用してビジネスを加速させよう

ニーズが多様化して競争の厳しさが増しているビジネス環境では、データドリブンな経営が求められます。DXソリューションを活用すれば、ビジネスの課題解決につながる効率的な業務プロセス・仕組みを提案・構築してもらえ、データを有効活用しやすくなります。

 

DXソリューションの導入を検討している方は以下の記事も参考にしてください。

DXソリューション 2選|比較・選定ポイントとおすすめ「DXサービス」の特徴

 

この記事の監修者

杜美樹プロフィール写真

杜美樹

出版社に18年勤務。編集長、メディア設計、営業統括、システム開発PMと畑違いの職務で管理職を経験。現在は数々のメディアで企画・編集・執筆を手掛ける。得意領域は、実践も積んでいるメディア企画系、人事・マネジメント系、ビジネス系、医療・美容系。インタビュー経験は200件以上。Webライティングの講師も務める。

おすすめのDXコンサルティング・DX支援

関連サービスのランキング

SaaS・ソフトウェア・法人向けサービス提供事業者さま向け

ユーザー事例で新規顧客を
獲得する導入事例
マーケティング

サービスの良さを伝えるには
実際の顧客の「活用事例」が
効果的。

しかし、ホームページに
掲載するだけでは
多くの人に見てもらえません。

シーラベルでは、
ホームページの導入事例を
そのまま掲載し、
新規顧客を獲得いただけます。

事例掲載(無料)の詳細はこちら