UpSighter(アップ・サイター)の詳細・事例一覧(コグニティ株式会社)

UpSighter(アップ・サイター)ロゴ

UpSighter(アップ・サイター)
コミュニケーションを数値で見える化・比較できるAI

「UpSighter(アップ・サイター)」は、営業トークやプレゼンテーションの内容を、解析・データ化して数値で示すことで、トークスキル向上に活用できるAIサービスです。録音データをアップロードするだけでトーク内容を自動解析し、業績上位者とのトーク内容の比較を行い、具体的な改善点をAIが提示。商談、人事面談など様々なシーンで、指導コストの削減や組織のボトムアップを実現します。2016年のリリース以来、上場企業を中心に約200社に導入済。業界は銀行、保険、製薬など多岐に渡ります。高額な導入費用や大量のサンプルは不要で、6件のサンプルから傾向把握が可能です。

UpSighter(アップ・サイター)の事例

UpSighter(アップ・サイター)の画面イメージ

UpSighter(アップ・サイター)のサービス詳細

サービス特徴

UpSighterは営業をはじめとしたビジネスコミュニケーションを見える化。今まで定量的にわからなかった部分を見える化してノウハウの蓄積と業務のボトムアップを可能にします。

サービス特徴

UpSighterの使い方

音声やテキストをアップロードするだけで解析可能です。まずは社内で、成績の良し悪しや、地域差などの違いを見える化。そこで見える「型」と、各従業員のトークを比較できるように開発を行い、個別にフィードバックします。

UpSighterの使い方

技術紹介

コグニティは情報の構成を分類する独自の知識表現*フレームワーク「CogStructure(コグストラクチャー)」を保有しています。これにより、固有名詞や言語差に影響されずに、構成要素を比較することが可能です。これまで16,000件を超えるトークや文書データを解析・蓄積してきました。これだけの数のコミュニケーションデータを構造化している上、「おもてなし力」の高いプロのデータを保有していることは、他のIT/AI企業にない強みとなっています。

音声をテキスト化し**、人の作業による「アノテーション***」と「機械学習」の組み合わせで、テキストからCogStrucutureへ変換しています。人が作業する範囲についてはその精度担保と生産性の維持のため、工程管理やANDON方式など日本が得意とする「工場生産方式」 を用い、個体差や人特有のクセを取り除く工夫を創業から一貫して用いています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
* 知識表現とは人工知能研究の1分野で、ニューラルネットワークなどの処理前のデータ処理アプローチです。** 日本語の音声認識は難解で、UpSighterが扱う複数の人の声・雑音のあるシーンを自動で文字にすることはGoogleやAmazonですら精度が出せません。弊社では初期からこの領域を自社開発せず、国内外含めたリモート勤務者が並列で文字起こしを行うことで、精度とコストを担保しています。*** アノテーションは、自然な状態のデータについて分類したり、メタデータを付与することで、機械的な処理行う時に精度を高めるための前処理です。

技術紹介

シーラベルで可能なこと

あなたの課題に合ったIT製品・発注先を「事例」から探せます。
あなたの課題に合ったIT製品・発注先を「事例」から探せます。
「サービス資料」や「事例PDF」を無料でダウンロードできます。
「サービス資料」や「事例PDF」を無料でダウンロードできます。
課題を伺い、IT製品・発注先のコンシェルジュをいたします。
課題を伺い、IT製品・発注先のコンシェルジュをいたします。
無料会員登録

SaaS・ソフトウェア・法人向けサービス提供事業者さま向け

ユーザー事例で新規顧客を
獲得する導入事例
マーケティング

サービスの良さを伝えるには
実際の顧客の「活用事例」が
効果的。

しかし、ホームページに
掲載するだけでは
多くの人に見てもらえません。

シーラベルでは、
ホームページの導入事例を
そのまま掲載し、
新規顧客を獲得いただけます。

事例掲載(無料)の詳細はこちら