Workday Adaptive Planningの詳細・事例一覧(OrangeOne株式会社)

Workday Adaptive Planningロゴ

Workday Adaptive Planning
最短2週間で導入可能!予算管理・経営管理クラウド

予算管理をはじめ、営業や生産の効率・マーケティング効果など、経営状況を知る上で、必要となるあらゆる情報を可視化し分析できる経営管理クラウドサービスです。
Excelでは難しかった高度な経営分析を誰でも行うことが可能です。
3つの特徴
1. プログラムいらずの簡単導入、最短2週間で利用でき、設定変更もお客様自身で対応できます。
2. ドラッグ&ドロップのお手軽操作で、誰でも高度なレポートやダッシュボードを作成可能なので、経営状況を瞬時に把握できます。
3. 5,500社の導入実績と10年以上の国内取り扱い経験があるので、機能面でも、サポート面でも、安心してご導入頂けます。

導入実績

導入社数 約 5500 社 (2021年07月26日時点)
向いてる形態 BtoB/BtoC
導入先の傾向 中堅中小企業から大企業まで、あらゆる規模と様々な業種業界の企業に導入されています。

Workday Adaptive Planningの画面イメージ

Workday Adaptive Planningのサービス詳細

「Workday Adaptive Planning」導入の7つのメリット

1.クイックスタート
  Excelのようなインターフェースで、入力は簡単。
  簡単設定で、高度な予算管理システムが構築、複雑な開発は不要です。

2.予算管理に特化した入力機能
  予算管理に特化したシートフォームと関数を用意しているので、
  予算編成業務に最適化された入力フォームを作成できます。

3.集計作業は不要!
  1つのAPファイルに全作業者がアクセスでデータは自動的に一元化。
  組織や商品単位での抽出も容易。

4.一元管理なのでドリルダウン可能
  すべてのデータが統合管理されているので、科目から細目までドリルダウンが可能。
  瞬時に状況把握ができます。

5.レポート作成機能が充実
  科目や期間をドラッグ&ドロップするだけで帳票やグラフが瞬時に生成される
  便利な分析ツールが標準装備!

6.ERPやCRMと連携可能
  ERPやCRMからのデータ取込やExcelからのインポートが可能なので
  実績を元にした、予実対比や見込集計までの期間が短縮。
  意思決定がスピーディーに!

7.低コスト
  一般にBIツールを導入すると、数千万円以上の投資となります。
  Workday Adaptive Planningなら月額十万円程度で、本格的な経営管理システムが使用できます。

「Workday Adaptive Planning」導入の7つのメリット

グローバルでの製品評価

G2Crowdで4.4点の高い評価を得ています。(※G2Crowdはビジネスクラウドの口コミサイトです。)
ガートナ社からも同様にリーダシップポジションの評価を得ています。

ご採用企業様(一部)

様々な業種で5,500社を超える企業にご利用頂いています。

シーラベルで可能なこと

あなたの課題に合ったIT製品・発注先を「事例」から探せます。
あなたの課題に合ったIT製品・発注先を「事例」から探せます。
「サービス資料」や「事例PDF」を無料でダウンロードできます。
「サービス資料」や「事例PDF」を無料でダウンロードできます。
課題を伺い、IT製品・発注先のコンシェルジュをいたします。
課題を伺い、IT製品・発注先のコンシェルジュをいたします。
無料会員登録

SaaS・ソフトウェア・法人向けサービス提供事業者さま向け

ユーザー事例で新規顧客を
獲得する導入事例
マーケティング

サービスの良さを伝えるには
実際の顧客の「活用事例」が
効果的。

しかし、ホームページに
掲載するだけでは
多くの人に見てもらえません。

シーラベルでは、
ホームページの導入事例を
そのまま掲載し、
新規顧客を獲得いただけます。

事例掲載(無料)の詳細はこちら