【障がい者雇用】働き方改革で業務の切り出しが減少!現地訪問で見た安心のサポート体制が決定打!

【障がい者雇用】働き方改革で業務の切り出しが減少!現地訪問で見た安心のサポート体制が決定打!

サービス情報

このインタビューを受けた会社

フルサト工業株式会社

  • グループ総務人事部 人事課 マネージャー 大石博紀様

  • 住所 : 大阪府大阪市中央区
  • 業種 : 商業(卸売業、小売業)
  • ビジネス領域 : 卸売・問屋
  • 従業員規模 : 501〜1000名

  • フルサト工業株式会社は、主に鉄骨建築資材、配管資材事業を展開しており、グループの 株式会社ジーネットは、主に機器工具事業・機械設備事業・住宅設備事業を展開。他にも、グループ会社で自動車産業向けの事業や、セキュリティ事業も近年拡大しており多様なフィールドで価値を提供している。
    メーカー・商社両方の機能を兼ね備えているので、多角的なソリューションを提供できるのが強み。

ー職場見学や実習受け入れで障がい者雇用を進めるものの、働き方改革で業務が減少

私たちは、自社でも障がい者雇用について様々な取り組みを行っています。
ハローワークだけでなく、就労移行支援所や支援学校と連携した職場見学や実習の受入れも行っています。
採用後の業務としては、配送センター・工場や本社間接部門の配置が多くなります。
ただ、一方で、弊社は近年働き方改革に積極的に取り組んでいますので、段々と障がい者が従事するための業務が減少するようになってきました。

 

ー検討開始から決定まで1年間。農園見学での安心感が決め手

業務の切り出しに課題を抱える中、JSH様から営業をうけて、コルディアーレ農園サービスを知りました。
その辺りから、他社のサービスも含めて、農園型の障がい者雇用の検討を始めました。
決め手としては、農園に実際に訪問させて頂いたときの印象です。 見学した時に、入社いただく予定の方々の人柄や農園の環境を見ました。
現地の農園の管理をサポートしている様子を見てみることで、導入後のサポートをイメージすることが出来、安心しました。

 

ー導入後、法定雇用率の改善と、人事担当者・配属部署での負担が軽減!

導入前は、法定雇用率を下回っていたので、導入することで法定雇用率を改善することが出来ました。
さらに、これまでの人事担当者や配属先部署の業務切り出しなどの負担が軽減されたので、他の業務へのリソースの確保に繋がりましたね。
また、コルディアーレ農園の取り組みは、社内報への掲載により、会社として非常に重要な取り組みをしていると周知されています。

 

ー豪雨などのトラブルの際の迅速な対応を評価!

以前の現地の豪雨の際は、安全管理を逐一報告頂けたことがありました。
このような災害時においてはいくら当社の社員と言えども、JSH様が丁寧に安否確認等のサポートをしてくれることは非常に助かっています。

 

ー導入を検討している企業様に向けて

当社の社員であっても、JSH様は農園の運営において、自社の社員のようにサポートしてくれています。障がい者雇用に対する熱意・思いやりを感じるので、安心してサービスの提供を受けられます。

 

ー今後の採用・育成全般の方針 “その人にあったやり方を”

私が採用と研修を担当している関係で、採用と育成の部分の課題について言えば、少子高齢化、デジタル化、グローバル化の影響などで、これまでよりも人材の獲得が難しく複雑になってきたことです。
時代に取り残されないように、専門性を重視した人材の獲得・育成をしたいと考えています。
同じ環境で、同じ教育をするだけではなく、”その人にあったやり方”で専門性を伸ばしたいと考えています。
また、障がい者雇用については引き続き、職場見学や実習をはじめとする採用活動を継続していく予定です。
グループとしても障がい者雇用をはじめとして社会貢献を意識できるような組織を目指していきたいです!

 

サービス情報

シーラベル 会員ができること
会員数209
掲載事例数444

編集部厳選!おすすめDX事例
をお届け
もう一度読みたい
事例や記事をブックマーク
事例集やサービス資料を
ダウンロード
シーラベルDX事例セミナー